美男ヲタ腐女子の日常
ただ、カッコいい人が好きなんです。
二次元でも三次元でも。
リンク、トラックバック フリー

スポンサーサイト  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク  
ジュテーム、カフェ・ノワール(Dariaコミックス)  
評価:
ヤマシタ トモコ
フロンティアワークス
(2009-07-22)

 画像がないからここでお見せ出来ないのが残念なのですが、すっごく表紙がヤマシタさんっぽくなくて平置きになってたのに探した
なんかカラフルなんです
本屋に行った際は見てみてください

短編集でした。
思ったのは、ヤマシタさんはセリフ(ってかフレーズ?)とかネタとかを、言い方正しくないけど使い回すね
や、実際は使い回してるかはわかりませんが私はそんな気がしました
このフレーズさっき同じようなのあったぞ
みたいな
だからどうってことはないんだ、ただ思っただけ

今回はどの話も捨て話はなくてすごく良かったのですが
なんだかあっさり読めちゃった
エロくないからか?ははは

ヤマシタさんのBLはいい意味でBLぽくなくていいんですが、今回もBLぽくないかなー
相変わらず女子率高いし
いや、別に他のにも女子は出てくるから女子率はそんな高いわけでもないのか
女子がその話に占める割合が高いんだな、ヤマシタさんのは
ちょくちょくファンタジーっぽいのを描くけど今回はドファンタジーなのがありますね!
私割とあの話は好きだ
女子高生もこの子は嫌いじゃない
折り返しにヤマシタさん東京出身って描いてあってすごい納得した!!
なんかシティ派っぽいよねw
でも今回は田舎者の上京の話があってすごい違和感
未だに実家暮らしの私が言うのもあれですが、お上りだってばかにしてんだろこんちくしょー!と思った
いやいい話なんだけどね
私は本当にカントリー派なのでね、泥くさっすよ
小洒落た感があるのは根っからのシティ派だからなのだな、なるほど
その小洒落た感が好きだがね

今回、タイトルにクラシックの曲名が使われてるが毎回恒例BGMはcharaと宇多田ヒカルだったw
このBGMってのは曲を聞いてストーリーを考えるのか、ストーリーにあった曲を書いてあるのかどっちなんでしょうか
後者だったらなんだかやだなー
と密かに毎回思ってるのでした

・・・ヤマシタトモコ / comments(0) / trackbacks(0) / 6こ  
スポンサーサイト  
- / - / - / スポンサードリンク  
Comment  








Trackback  
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW : TOP : OLD>>
エンドゲーム (2) (ディアプラス・コミックス) 僕の先輩 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 40) いとしの猫っ毛 小樽篇 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS) 500年の営み (Feelコミックス オンブルー) 八月の杜 (MARBLE COMICS) 窓辺の君 (MARBLE COMICS) (MARBLE COMICS) 枯れない花 (ミリオンコミックス Hertz Series 76) 王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)